やっと退職出来たブラック企業、その後に抱えたトラブルとは?

このブラック企業という組織が世の中に認知されてから、その実態が多く浮き彫りになってきました。
パワハラら残業代未払い等理由は様々ですが、とても働き手からしたら不利となる状況や条件で労働を強いています。
そんなブラック企業に勤めていた経験のある方々が、その組織を退職したその後に抱えたトラブルを調べてみました。
いつ何時自分に降りかかるかもしれない、そんな時代です。知っておく必要があります。

あるアンケートから次のようなトラブルが分かってきました。
ブラック企業を辞めたけれど、その後に巻き込まれたトラブルとは?
・次の職場にありもしない噂を流された
 これは前の職場と次のところが近かったケースで起こった事例です。
 偶然にも不幸にも前の職場と関わる人間や知り合いが次の職場にいて、自分の存在がバレた時です。
 辞めた事を逆恨み?されて変な噂(サボり癖がある等)を流されたようです。
・最後のお給料が未払いのまま数か月放置された
 会社の締日は各々違います。大半は月給制となれば翌月の振り込みが一般的です。
 それを辞める最後の月分のみ支払いが無く、そのまま放置。更にはこちらから訴えるまで無視されというケースです。
 これも故意であったようですから悪質なパターンです。それまで働いていたのに最後の月だけ忘れるなんて考えられません。
・離職票を故意に発行を送らされた
 次の職場にうまく話が通っても、前職から離職票の発行がなされていない場合、次の仕事に向けた申請が出来ない場合があります。
 これを故意に遅らせて、次の仕事を妨害されたケースです。

どのケースを見てもその背景には「いわれの無い逆恨み」があるようです。もう正直そう思われる事すら理解に苦しみます。
こういった企業は開設当時の想いとかそういったものすらどこかへ消えたのでしょう。

辞めてからもトラブルを持ってくる企業、それがブラックと呼ばれる所以なのかもしれません。
こういった企業は体質そのものがおかしい場合があり、それが蔓延しているためその事にすら気付かないのです。

いざ辞めて次のステップへ踏み出してもこのような事例が多くあります。
関わる以前に知る事が出来るのであれば関わりたくないものですが、会社選びも慎重に行うところから見直す必要があります。