ブラック企業を退職したいが、引き止められる場合の対応

ブラック企業と呼ばれる組織があります。お給料が異常に低かったり、残業代が支払われなかったりと理由は様々です。
このブラック企業に自分が不運にも勤めていると分かった時、いち早く離れたいのは皆同じです。
ですがこの企業、さすが「ブラック」と言われるだけの事はあり、いざ辞めるとなるとその自由すら無い場合があります。
そんなブラック企業からの退職を少し考えてみます。

本来サラリーマンの最大の特権は「辞める事である」と言われます。
これは就業する事が会社側の権利であるとするならば、就業しない「すなわち退職する」権利が働き手にあるからです。
働く事には雇用契約が発生し、労働を提供する事で対価(お給料)を得る訳ですが、このブラック企業はこの辺からすでにおかしい場合があります。

働かないからお給料が支払われない、それを働き手が望んでも引き止めに入り退職出来ないケースがあります。
引き止めと言えば聞こえは良いのかもしれませんが「要は辞めさせない」でしかありません。
「辞める権利すら」認めてくれません。もうホントにブラック企業以外の言葉はありませんね。
ブラック企業と呼ばれる故に酷いパワハラ等が横行しており、そのため辞めようとしている人間が精神的に追い込まれて結局嫌々毎日仕事に通っているケースもあるようです。

自分から言い出せなくなる位に引き止めと称した「退職拒否」がある場合、何も無理に出勤する必要はありません。
実は辞め方の手法として、一方的に書面で辞めるという方法があるのをご存じでしょうか?
これはそれまでの記録も必要となりますが、辞める意思を示した書面を写しを作成した上で勤務先に送付するというものです。
雇用契約の解消ともなる文書ですので、法的な効果もあるのです。

ブラック企業ですから、この書面自体「受け取っていない」等の理由で退職を拒否するかもしれません。
しかし結局は仕事に行かなければ良い訳で、それにお給料が支払われる事も無いのですから。
中には自宅まで同僚や上司が追いかけてきて「出社を迫る」というような悪質なパターンもありますが、こういった場合まで発展した場合は迷いなく警察や所定の機関へ相談しましょう。

勤めてしまった不運もありますが、それに嘆いていても何も始まりませんし無駄な時間でしかありません。
一刻も早い「脱出」を考えなくてはなりません。